源光庵三世、三洲白龍大和尚の開創になる山城妙玄寺が明治の廃仏毀釈により廃寺となったので、開山の御尊像及び霊塔を守護すべく、洛北玄琢の地に野々宮家の私庵を購入し、清泰庵を曹洞宗の寺院として、開創した。