「観音の行は善 諸々の方所に応じて 弘誓の深きこと海の如し」と観音経にありますように、観音様が本尊であります。
当寺の秘仏本尊如意輪観世音菩薩像はインド・マカダ国で誕生し、中国より日本へと渡来し、はじめ京都建仁寺に祀りし後、故あって三木自綱公が帰依する所となり、元禄元年(1558年)飛騨平定し松倉城築城のおり、城下にこの観音様を本尊として真言宗善応寺が建立されました。
その僅か27年後(天正13年)三木氏は金森氏との戦に敗れ落城し当寺も焼失いたしました。
焼失の際に火炎の中で燦然と輝く尊像  >続きを読む
本尊如意輪観世音菩薩