桃源院は天文6年(1537年)に開かれた曹洞宗(禅宗)の寺院です。

第三代岩尾城主岩尾の大井行真公によって、祖父である行俊公の三十三回忌、父である行満公の十三回忌の追善冥福のため、天文6年(1537年)に「高井山桃源院」として創建されたました。

このときのご本尊は延命地蔵尊としていました。初代住職は大井行真公の弟の松岩長伊大和尚です。「高井山」の名は、父である大井行満公の院号「高井」から、「桃源院」の名は、祖父である大井行俊公の法名「桃源」からきています。

武陵山桃源院の名は中  >続きを読む