戦国最強といわれた武田の騎馬軍団を、織田徳川連合軍が三千挺の鉄砲で打ち破ったのが有名な長篠の戦いです。
 ところで、長篠の戦いの折に徳川家康の命で長篠城にわずか五百という人数で立て籠もり、一万五千の武田軍の猛攻に耐え抜き、味方を大勝利に導いた人物がいます。奥平信昌(おくだいらのぶまさ)です。その戦功により、信長から「信」の一字をいただき、家康からは長女亀姫を妻にもらいました。
​ 武田氏が亡び、さらに小田原の北条氏滅亡後は、徳川家康が関東に入府。奥平信昌は家康より宮崎三万石を与えられました  >続きを読む
奥平信昌像(久昌院蔵:Wikipedia)